スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいデザインと悪いデザイン?

東京五輪招致ロゴ

ここのところ、2020年の東京五輪エンブレムについて、問題になっていますね。自分がどうのこうの言う立場ではないのですが、デザインについて考えるいい機会なのかなとも思いますので、ちょっと書いてみます。

まず、デザイン関係の仕事に就きたいと思った時、誰でもがやることは、先人に学ぶ事です。自分がいいと思うデザインについて、模写、トレースし、何がこのデザインが素晴らしいと言わせるのかを学びます。建築学科においても、先人の名作図面をトレースすることは必須でしょう。つまり、表現された絵や写真、図面を超えて、その本質はどこにあるのかを考えなさいということです。本質を抽象化し、自分なりの表現で他の場面で使える方法を学びます。

能や茶道の世界で言う、「守・破・離」。一度は師匠の真似をし、自分の中に取り入れた上でそれを否定し、自分のオリジナルを考える。また、他の観点から言えば、「本当のオリジナルなどこの世に存在しないのだ」ということを前提としつつ、それでも自分のオリジナルを考える。

建築の世界でも、やはり先人の知恵に学ぶという事は、大変重要です。仮に、全てゼロから出発しろと言われたら、たかだか80年の人生の中で到達できる地平は、表現だけに限っても、人から評価いただく域に達することは難しいのだと思います。これはきっとデザインだけの話ではありません。技術にしても、自動車や物理学や医学の世界においても、先人の成果を学ばない人は、成果を作ることは出来ないのだと思います。

そして、今回の東京五輪のエンブレムですが、こんなに炎上してしまっているのは、私見では、あのエンブレムがいいと思う人が少ないことに原因があると思うんですよね。自分も、あのエンブレム。好きではないです。招致ロゴの方が遥かにいいと思います。

とすると、個人の評価、好き嫌いしかないデザインの世界でも、いいデザインと悪いデザインが存在することになります。盗作だとかという話を脇に置いておいても。ここから先の話は深いですよね。でも、今回の件で、何だか、多くの人に認められるデザインの要諦?があるような気がしてきました。きっとこれは、永遠の課題なんでしょうが。多くの方から評価されるデザインについて、考える必要がありそうです。

ダイヤモンドオンラインに竹井善昭という方が同じような視点で小論を載せていらっしゃいますので、ご紹介します。
http://diamond.jp/articles/-/77265
関連記事
スポンサーサイト

フリーエリア

応援ポチお願いします

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

shio93

Author:shio93
ライト




栃木県佐野市で主に住まいの設計施工をしています。
Blueprint /
株式会社塩島工務店
栃木県佐野市久保町93
TEL 0283-22-1617

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。