スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F.L.ライト 自然の家 〜天井の高さ〜

今回は、ちょっとチャレンジして、F.L.ライト「自然の家」から。
サブテーマは「天井の高さ」。

拝借した写真は、F.L.ライトのお馴染み「落水荘」の写真です。
彼は、この本の中で、「私は設計に用いる寸法を、人体から持ってくることにした。私は人体寸法以外の尺度を信じなかったので、標準の背の高さーすなわち5フィート8インチ半(174cm)、ちょうど私自身の身長だーにあわせて、家全体の高さを下げた。建物の塊をもっと外へと拡げ、できる限り空間的にするためにしたことだった。」と言っています。

落水荘では余り実感できないかもしれませんが、この天井の低さが、ライトをライトにしている所以かなと思います。
大体、今の住宅の天井高さは標準で2m40cmでほぼ同じ。ところがライトの天井の高さは、1950,2000,2240,2530と多岐に渡ります。天井の高さがいろいろある家って珍しいと思います。天井の高さが2m40cm均一?だったら、後は平面(間取り)の問題になります。

ところが、いろんな高さがあると、ボリュームになるんですね。低い空間から、高い空間、プラス広さも効いてくる。すると、空間構成のダイナミックスが突如現れることになります。(続く)

落水荘1
外観

落水荘2
インテリア

落水荘断面
断面図

オリジナルはこちら

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

フリーエリア

応援ポチお願いします

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

shio93

Author:shio93
ライト




栃木県佐野市で主に住まいの設計施工をしています。
Blueprint /
株式会社塩島工務店
栃木県佐野市久保町93
TEL 0283-22-1617

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。